2008年06月04日

実印の準備


 住宅購入の準備が進み、売買契約や住宅ローンの契約になると

実印が必要になります。


複雑な法律関係が生じるものですから印鑑はとても重要です。




 「実印」とは契約者の名義で市役所(区役所、役場)に

「印鑑証明」として登録してある印鑑のことです。


 その実印に既製品の三文判を使っていませんか?


 「印鑑証明」はスタンプ型は登録不可ですが

既製の三文判は登録可能です。


既製品は見分けのつかない同種のものが多くでまわっています。 


トラブルに巻き込まれないためにもオーダーメイドの

印影のしっかりしたものを準備しましょう。




 契約書や公的な文書は印鑑がないと通用しません。

逆に似通った印鑑があれば本物に似せた文書を

作成することができます。


 重大な契約をするのですから印鑑の

重要性はしっかり認識しておきましょう。




 実印の捺印や印鑑証明が必要になる時期が決まったら

1ヵ月半くらい前には印鑑の発注をしましょう。

印鑑の作成には数週間から1か月程度かかる場合がありますし、

できた印鑑で「印鑑登録」をして自治体によっては

すぐに印鑑証明が貰えないこともあるからです。



 尚、不動産を共有する場合、住宅ローンを複数で

契約する場合等は契約当事者全員の実印と印鑑証明が

必要になりますので注意してください。 

【関連する記事】
posted by 住宅ローンアドバイザー at 11:00| Comment(0) | 用意するもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。